スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コハクチョウ飛来待ち、水草除去

  • 2009/10/06(火) 00:00:30

コハクチョウ飛来待ち、水草除去

琵琶湖岸、外来種の繁殖急増で

 毎年冬にコハクチョウが飛来する草津市の琵琶湖岸で、外来種の水草ホテイアオイやボタンウキクサが生い茂っており、コハクチョウの愛護グループが「このままではこの冬の飛来に影響が出る」と、ボランティアで除去作業を続けている。 >>続きを読む

 コハクチョウの観察を続けている「草津湖岸コハクチョウの愛する会」のメンバー。同市志那中町一帯の湖岸で8月末から7回、メンバー10~15人が湖に入って手作業で水草を取り除いているという。

スポンサーサイト

桜島で爆発的噴火 7カ月半ぶり

  • 2009/10/04(日) 17:14:00

桜島で爆発的噴火 7カ月半ぶり、噴煙3千メートルに

 鹿児島市の桜島南岳山頂火口で3日午後4時45分、爆発的噴火があった。鹿児島地方気象台によると、噴煙は高さ約3千メートルまで達し、噴石が4合目付近まで飛んだという。>>続きを読む

 こういう状況でも噴火警戒レベルは3(入山規制)のまま変わっていないらしいね。逃げるほどではないと言うことか?

ヒグマ出没、例年並み 道が初予想

  • 2009/09/18(金) 23:31:31

ヒグマ出没、例年並み 道が初予想 渡島半島は警戒を

 道は17日、9~10月にかけてヒグマが人里近くに現れる頻度を示す「出没予想」を発表した。全道的には「例年並み」だが、渡島半島地域については「餌となるブナが凶作のため、出没回数が増える可能性がある」と警戒を呼びかけている。

 道は2005年度から、木の実の生育状況とヒグマの出没回数との相関関係を分析。その結果を基に、今秋から「大量出没の恐れ」「例年並み」「例年より少ない」の3段階の表現で出没予想を発表することにした。 >>続きを読む

 札幌市内の住宅地でも熊の足跡とかが見つかってますからねぇ。庭から突然とか言うのは、怖いですよ~~

エルニーニョ、冬まで継続

  • 2009/08/11(火) 13:27:51

エルニーニョ、冬まで継続 台風針路に影響か

 気象庁は10日、南米ペルー沖で海面水温が上がり、異常気象の原因となる「エルニーニョ現象」が継続中で、冬まで持続する可能性が高いとの監視速報を発表した。同庁は、エルニーニョなどにより太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱いため、豪雨被害をもたらした台風9号が近畿や中四国に接近した可能性を指摘。エルニーニョ発生時は、梅雨明けが遅い傾向があり、同庁は10日、東北の梅雨明け発表を断念した。>>続きを読む

 それは、北海道の夏が長引くと言うことなのかなぁ、わかりづらいなぁ・・・

林野庁、検討会を発足し森林整備のあり方を見直す

  • 2009/07/07(火) 22:15:14

森林整備:生物多様性も指針に 生態系の監視強化 林野庁

 国土の7割を占める森林の整備政策で、林野庁はこれまで重視してきた木材生産、災害防止、地球温暖化防止の三つの指標に加え、生物多様性を新たな指標にする方針を固めた。来年度の概算要求に関連予算案を盛り込み、11年ごろに改定予定の国の森林整備の指針である「森林・林業基本計画」に、外来種を含めた生態系の監視体制の強化や動物の生息地の保護対策など生物多様性の視点を本格導入する考えだ。>>続きを読む

 日本の原生林は、どれだけあるのでしょうか。いまいち嫌いなグリーンピースが何か、発表しているようです。

史上初、精密な原生林世界地図発表 - グリーンピース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。